homeへ
製品案内
システム製品案内
システム導入事例
技術コラム
新着情報
会社案内
コラム
アクシス・ネット技術コラム

技術コラムを連載でお届けいたします。
「ケースレー428−PROG型電流電圧変換アンプのエミュレーション・モード搭載したA4280高速電流電圧変換アンプ」の開発現場より、不定期でお送りします。
技術コラム : 高速電流測定について: A4280 高速電流電圧変換アンプ開発室より
投稿日時: 2010-11-17 9:01:06 (2004 ヒット)
(高速電流測定について)
新素材の開発が最近のキーワードになり
化学的には、画期的な素材として開発されても
実際のアプリケーションでの応用時に
電気的な定量解析が必要となります。
実際に測るパラメータは、電圧、電流、
抵抗、容量など基本的な測定です。
ところが、基本的な測定で問題が出た場合が
大きな問題となってしまいます。

その一つが電流測定と言えます。
電流は、電荷が単位時間に移動する量を測定します。
時間がゆっくりか、電荷が多ければ測定する方法は
簡単です。高速な電流信号、10mA 50MHz程度ならば
オシロスコープと電流プローブで測定できます。
しかし、10nA 1MHzという電流信号を測定しようと
するとどうすればよいのでしょう?
シャント抵抗を使うのでしょうか?

10nAを電圧を計測する測定器にあわせ
10mV電圧に変換するには1MΩの抵抗が必要で
1MΩに1MHzが減衰せずに通すことは至難の技と言えます。
そこで、高速の電流電圧変換アンプが必要となります。
10の6乗のゲインで立上り350nsのアンプであれば
高精度に微小電流を測定できます。アクシス・ネットの
電流アンプは、高速電流の測定を可能にします。


【関連記事】
・高速電流測定について: A4280 高速電流電圧変換アンプ開発室より
・測定速度: A4280 高速電流電圧変換アンプ開発室より
・DMM とエレクトロメータ ソースメータ: A4280 高速電流電圧変換アンプ開発室より
・4端子法という測定: A4280 高速電流電圧変換アンプ開発室より
・DMM とソースメータ: A4280 高速電流電圧変換アンプ開発室より
・微小電圧と誤差: A4280 高速電流電圧変換アンプ開発室より
・電子計測のツボ: A4280 高速電流電圧変換アンプ開発室より
・電圧パルスと電流パルス: A4280 高速電流電圧変換アンプ開発室より


A4280 高速電流電圧変換アンプ
ケースレー428−PROG型電流電圧変換アンプの エミュレーション・モード搭載


4280A 高感度電流電圧変換アンプ仕様

投稿者: axisnet


このページのTOPにもどる