homeへ
システム製品案内
システム導入事例
技術コラム
新着情報
会社案内
コラム
アクシス・ネット技術コラム

技術コラムを連載でお届けいたします。
「ケースレー428−PROG型電流電圧変換アンプのエミュレーション・モード搭載したA4280高速電流電圧変換アンプ」の開発現場より、不定期でお送りします。
技術コラム : 技術の変遷
投稿日時: 2019-10-18 11:33:03 (230 ヒット)
閑話休題 今までの経験してきた技術の歴史を書きたくなってしまいました。
ここでの記述は、すべて筆者個人の歴史です。散文で記載します。
他人にはわかりにくくて、何のことかわからないかもしれません。
お暇なら、お付き合いください。

最初にある電気の測定器の記憶は、
小学生の頃 プラモデル屋さんに船の模型を買いに行った時
電池を測定する電圧計(もちろんアナログ)をおまけで貰いました。
電池しか測れませんし、すぐ壊れた記憶しかありません。
この頃まで、家のテレビとラジオは真空管でした。
テレビが壊れた時、父親の知人が直してくれたことがカッコよく見えました。

小学生の理科の実験で電池を作ったことも薄っすら覚えています。

中学生でオームの法則が試験に出た。
テレビもラジオもトランジスタになっていたような。
父親の検電ドライバーをコンセントに突っ込み光らせて遊ぶ。
その後、コンセントに金属の板を突っ込みショートさせ火花を飛ばす。
ヒューズ交換を覚える。
深夜放送聞くために某社IC700なるラジオを買ってもらう。
初めてICという言葉を聞いた。

学生時代 高電圧の最初授業で、電気を習う限り電気で死ぬなと教えられ
何度か感電はしたが、未だ生きている。
最高11kVで感電したことがあるがエネルギ―が小さかったので致命傷にならず。

横河YEWの電圧計 電流計を使って電気の実験。もちろんアナログの針が振れるので
下の鏡を使って数値を読み取る。

半田ごての先を握って初めてのやけど。右手の平が真っ白。。。

人生初オシロ、岩通シンクロスコープ。テクトロニクスやHP等メジャーは知らず
岩通のシンクロスコープに感激。おそらくトランジスタの波形を見たはず。

実験室でソニーの電卓を使う、表示はニキシー管。

個人用電卓 松下JEシリーズを(通称ブタデン)友人が購入。筆者は計算尺を使用して計算。

翌年、オムロンの関数電卓を5000円で購入。

授業でフォートランを学ぶ。(お約束でヤッホーフォートランランと歌う)

就職し 某社で、半導体モジュールの試作の下請け。大きな電源(100Aクラス)の組立。
太陽電池パネルの試作。低温半田で手が荒れ放題(鉛ですから)

転職し システムのサービスをするため、デジタルマルチメータを会社から支給される。
会社のワープロは、ワープロ部屋がありシャープの書院 
8インチのシングルディスクをロードし机の上の漢字キーを押して文章をつくる。
横でテレックスがガチャガチャパンチカードを打ち出していました。

システムがハングアップするのでノイズアナライザ―なるものを設置し徹夜で監視。
ノイズ波形とハングアップの関係を知る。

アップルコンピュータを知り、日本橋で台湾製コンパチのパイナップルコンピュータを
部品で買って組み立てる。 アップルのゲームソフトがそのまま走りました。

またまた転職 分析器のお仕事をするようになり、赤外分光FTIRとNMRのメンテナンスで化学測定を知る。
X線解析も少し学ぶ。

赤外分光で半導体の素材測定(EPI CO濃度)を知る。

再度転職 某計測器メーカーで、デジタルオシロとデジタイザーのサービスをする。毎日デジタル・オシロの修理。
バンド幅100MHzサンプリング100MS/s メモリ50KW でも 300万円くらいしていましたね。
オプションで FFTとアベレージをつけると400万円 高級外車が買えます。 
BMWが100MS/sで データが取れればBMWを買いますね。 オシロは150Km/hで走りません。

無理やり、携帯電話を持たされる。ノキアを初めて知る。
テクトロがアナログをやめて、デジタル・オシロを出す。

パソコンでパワーマックを買う。その後、世の中はWindows95一色 しばらく頑張るが、Microsoftに屈服。
自作PCにはまる。 現在まで20台くらいは組んでいると思う。それでも Windowsは大嫌い。

毎年、オシロスコープの性能が倍々ゲームで価格据え置き。アッという間に 10GHz 20GS/s 10MW になっていました。

懲りずに転職 微小電圧、微小電流の装置の技術営業で、μV pA 測定をする。ソースメータ―、エレクトロメータ
パラメータ・アナライザを知る。微細加工ナノテクを知る。

この頃は、化合物半導体 高電圧、大電流の測定をする。

システム・インテグレータとしていろいろな太陽電池測定システムをつくる。
2年間は、毎日太陽電池の測定をしていた。


現在、バイオ関係の特殊センサーの計測装置の製作。センサーの測定 定量化を行う。

結局、多大なる失敗の連続
『エンジニア失格 恥の多い人生を送ってきました』

でも、失敗があるかこそ経験豊かなエンジニアが育つと信じています。

このコラムは おそらく、なんのこっちゃで終わるはず。
まあ、アナログ測定に興味があるエンジニアの方に
笑ってもらえれば幸いです。

試験的に少し砕けたコラムにしてみました。
次回は、まともなコラムになる予定
(今まで、まともと信じています)
投稿者: axis


このページのTOPにもどる