homeへ
システム製品案内
システム導入事例
技術コラム
新着情報
会社案内
コラム
アクシス・ネット技術コラム

技術コラムを連載でお届けいたします。
「ケースレー428−PROG型電流電圧変換アンプのエミュレーション・モード搭載したA4280高速電流電圧変換アンプ」の開発現場より、不定期でお送りします。
技術コラム : 設計思想 アメリカ式と日本式
投稿日時: 2019-10-28 14:43:27 (25 ヒット)
またまた、古い話で恐縮です。



35年くらい前になりますが、バブル時代の終わりかけに
某外資系の装置のメンテナンスをしており感じたことは、
あくまでも、私個人の見解ですが
アメリカ式の設計は、日本式の設計とは大きく違うということでした。

一番の設計思想の違いは、部品の使い方ではないでしょうか。
例えば、日本で装置に部品を使用する場合 部品の品質を見て安全率を考え
仕様限度 つまり100%を超えて使うことはまずありえません。

アメリカ式の基本方針は、性能を100%以上引き出す使い方を考える。

製品に安全率があるなら、120%で使えれば120%で使う。

簡単な例で、規定電流 1Aの部品に
日本の設計であれば、発熱を考え0.7〜0.8Aしか流さない。
アメリカの設計であれば、もちろん1A迄流し、壊れない程度なら1.2Aくらいを流す。

もちろん、すべてのアメリカ製品がオーバースペックで設計されているわけではありませんが、
その当時は、同じ市場に出回る計測器を見ていると
高周波の測定器(特にオシロスコープ)は、間違いなくアメリカ製品の性能が、
日本製品を凌駕しておりました。 

アメリカ製には動けば、すごい性能だけれども動かないという装置もありました。
(よく壊れるので、まともに動いたところを見たことが無いという幻の装置でした。)

やはり、15年くらい前にDELLのコンピュータが過剰品質保証にかけるコストを落し
リーズナブルな製品を提供するようなことを言っていました。
いつの間にか、うやむやになったような気がしますが。
やはり、日本では品質が劣るようなイメージがあり受け入れられなかったと思います。

かつて、某S社の製品には10年の寿命をプログラムした部品があり、装置設置後10年で
必ず壊れるという都市伝説もありました。

実際のメカ部品には、通電時間を記録するものは存在します。
この場合、消耗品ということになります。

一番すごかったのは、太陽電池試験装置のキセノンランプで、
数KWのタイプで通電3000時間(125日つまり4ヶ月)で
特性の寿命が来て、10万円以上の部品交換になります。

家電品に限らず、製品が売れ続けてくれないと どのメーカーでもやっていけません。
ただ、壊れやすいという評判がついてしまうと売れなくなってつぶれてしまいます。

誤解が無いように、アメリカ製品でもとんでもない高い品質の製品も存在します。
某社の任意波形発生装置なんとコントロールソフトはDOSという40年前の装置を
未だに実験で使っております。なんにでも、例外はあります。
アメリカは民生品と軍用品では、品質が違います。

長年の経験で、信頼性のある部品を使い続ければ良いのですが
部品メーカーも製造をやめてしまう場合もあります。
代替製品を探すのも一苦労で、同等品すらない場合があります。
何度か痛い目にあってきています。

こうなると、設計の根本からやり直しという場合が発生します。

アナログ回路においては、目標とする性能仕様を達成する部品の選定だけでなく使い方や
メンテナンスを考えて保守部品も検討する必要があるということです。
今回は、ちょっと無理やりまとめた感があるコラムになってしまいました。

投稿者: axis


このページのTOPにもどる